「いいお姑さんだ」「いい嫁さんだ」

  • By asmile
  • 2014年7月18日
  • 「いいお姑さんだ」「いい嫁さんだ」 はコメントを受け付けていません。

もうひとつ。姑は自分の息子をこの上なく愛しています。嫁はもちろんこの息子である彼女の夫を心から愛しています。そこで、ふたりともひとりの男性をこの上なく愛しているのだから、ふたりとも男性の幸福を希い、そうすることによって、ふたりはお互いに仲よくやってゆけるはずではないかl世間ではよくこんなふうに理屈をいいます。けれども、これくらい、浅薄な理屈がありましょうか。イエスの弟子たちにしたって、時には仲たがいしています。ふたりの人間がひとりのおなじ人間を愛し合うぱあい、ふたりの間には、親密よりも、むしろ競争や嫉妬がわきやすいのです。愛とはすべて独占することを要求する感情のように思われます。姑と嫁は、どの点をつついても、自然のままに放っておけば、背中を向けあう関係になりやすいようです。私はあまりに、嫁と姑との一致し難いことについて書きすぎたでしょうか。あまりに、仲の良くないのが本当で自然なのだと、無慈悲ないい方をしすぎたでしょうか!しかし、いいすぎたとは思わないのです、それどころか、いいすぎた方がいいとさえ思うのです。姑と嫁の問題は、姑がどんな個性の人か、嫁がどのような性分の人か、といった個々の問題ではないと思います。「いいお姑さんだ」「いい嫁さんだ」というふうに、この問題をひとりひとり、個之のぱあいとしてとりあげるのはまちがいなのです。姑というもの、いや姑という一般的な立場、嫁という一般的な立場で、問題を考えてほしいのです。もし出会った相性が合う人と結婚しても仲が悪くなったらここを思い出してください。

出典:

DK112_L

Categories: 未分類

Comments are closed.