姑と嫁の腹の底に必ず巣くっている

  • By asmile
  • 2014年7月18日
  • 姑と嫁の腹の底に必ず巣くっている はコメントを受け付けていません。

そこで、嫁と姑は、大袈裟に、原則的にうまくゆくのがむずかしい間柄だと、嫁も姑も、最初から考えておいた力がいいのです。あの姑さんだったらうまくゆくだろうなんて考えないことです。私たちふたりは危険なものをはらんでいる間柄なのだ’だから仲が悪くなったって仕方がない、こうもいえましょう。しかしその反対に–だから私たちは、せいいっぱい摩擦をおこさないように、おこってもこれを最小限度に、とどめるように、最初からじゅうぶん注意してかからねばいけないのだ、こう考えることもできましょう。そして私がおすすめしたいのは、むろんのこと、》」の後の方の考え方なのです。心の底では何時も緊張し合わねばならぬ関係なのだとハッキリ理性で考えて、その上で、この緊張を、せめて平和な、なごやかな緊張に一変させるように努めることです。礼儀、lそれも善い意味の他人行儀が必要です。ふたりの立場が異ることをお互いに認めること、これは絶対に必要です。実の母娘のようにやってゆこうなどとかりにも考えないこと、これも必要です。つまり姑と嫁の腹の底に必ず巣くっているわだかまりを、礼儀皿と思いやりと距離の感情で美しくくるんでしまうこと、これ以外には解決の心理的な方法はないょうに私には思われるのです。別な言葉でいえば感情よりも理性を、分別を働かせることです。
コミュニケーションは大切です。出会った結婚相手であってもコミュニケーションが出来ていないと幸せな時間は長くは続きません。

参考:

DK076_L

Categories: 未分類

Comments are closed.